風吹けば変

あなたの暮らしやライフスタイルを豊かにする知恵を書くブログです。

雨の日を憎む


昨日も更新したのに今日も更新するなんて、まったく正気の沙汰とは思えないけれど、三日坊主にはもううんざりだから更新することにする。どうも、爬虫類のこうへいです。主にコオロギを食べて生活しています。

今日も昨日に引き続き雨が降り止まず、窓を叩く雨の音に目が覚めた程だった。ほんとに迷惑な話だよ。何やってくれてるの、雨。あと1時間寝られたのに。というのも、メガネを常用している僕は寝起きの時間確認に掛け時計を見上げても大体の時間しかわからないわけで、生き物というのはいつだって最悪のケースから想像して危険を察知するわけで、つまり、7時と6時を見間違えたわけだ。

一限から講義があったので急いで準備して家をでて、ズボン履き忘れたことに気づいて戻って、急いで家をでて、カバンを置いてきたことに気づいて戻って、急いで家をでて、バス停に向かった。

傘を差しているのに、横殴りの雨だから、容赦無く僕の灰色のポロシャツにドット模様をつけていくから、なんて傘って道具は不完全なんだろうね。全身みっちり包み込む、そうだな、テンガみたいな形にすればいいのに。

待てども待てどもバスは来ないわけで、バス停の向かいの古びた一軒家から老婆がこちらをみて、しわくちゃな顔を怪訝そうにしわくちゃにしているのを見ると、ワクワクさんが海っぽさを出すためにわざと青色の折り紙をしわくちゃにしている姿を思い出した。ゴロリって、見た目気持ち悪いし、たぶんクサイよね。

さて、スマホを取り出して時刻を確認すると6時23分。始発は7時5分だから、そりゃいくら待ってもバスは来ない。横殴りの雨にタコ殴りされて、僕のポロシャツもドットを通り越して黒と灰色のバイカラー状態。コントラストが素敵でした。

家に帰ってコーヒーでも飲もうと、その帰り道、何の気なしに蹴った空き缶が思ったより浮かんで、畑の中に入ってしまった。ごめんな、農家。

次々に光っては鳴り響く雷を見ながらコーヒーを飲んでると、一限行かなくていいんじゃないか?と魔がさして、結局サボってしまった。

これだから雨の日ってのは嫌いだ。


広告を非表示にする