ねこぼぼのブログ

ねこの4コマか愛知のスーパー銭湯のブログ

うちのねこが狭いところに入っている画像を見て連休明けの火曜日のお仕事を頑張った自分を癒そうの会

連休明けの仕事ほどつらいものはない。

仕事中に何度も全てを投げ出して漫画喫茶にいきたいと思ってしまった。

 

休みがないときは

「休みが欲しい」

 

休みをもらった時は

「休み明けがだるい」

 

人間というものは何とも欲深き生き物なんだろうか

 

って気持ちになりながらも火曜日のお仕事を頑張った自分を癒そうの会にようこそ

 

さっそくいってみましょう

 

f:id:san065:20180919003231j:image

 

深いね

 

 

 

 

f:id:san065:20180919003240j:image

 

せまいね

 

 

 

f:id:san065:20180919003300j:image

 

家具の一部だね

 

 

 

f:id:san065:20180919003340j:image

 

 

尻隠さずだね

 

 

 

 

 

 

 

明日もがんばっていこうぜ

 

 

 

おわり

ねこが上で寝てくる

うちのねこは甘えてくるのか、あるいは

僕のことをカーペットに準ずるものか勘違いしているのか

僕の上で寝ることがある。

 

f:id:san065:20180914210650j:image

 

 

ねこってそういうもんなのかなぁー

と思ったが、他の猫を飼っている人はそんなことしないと言ってきた。

 

f:id:san065:20180914211034j:image

上から見た図

 

可愛いけど、正直くるしい

 

愛くるしいとかではなく、シンプルに息ができない。

 

これで死んでしまったら、夕刊の一面にこう載せられてしまうだろう

 

「成人男性、自宅マンションにて猫で窒息死」

 

 

親御さんになんて説明すれば‥‥‥

おわり

 

【八幡湯】愛知県の銭湯をお遍路3か所目【夜中の2時までやってる街の銭湯】

 

愛知県名古屋市昭和区御器所「八幡湯」

 

愛知県在住なら「御器所」と聞けば

・高級住宅街

・金持ちハウス

・御手洗とちょっと字面似てる

 

と思い浮かぶ人が多いと思う。

 

御器所とは名古屋人からみると

「なんか所得たかそう・・・・」

 

そういうイメージがある街

 

そんなところにひょっこりある昔ながらの銭湯

 

「八幡湯」

 

f:id:san065:20180913223943j:image

なんかのれんがかわいい

入ると気さくな店主のおじいさんが

 

「もう寒くなったからゆっくりつかりなよ~」

と声をかけてきてくださった

 

スーパー銭湯ではありえないこの暖かさに驚く

 f:id:san065:20180914000729p:image

 

暖かさだけでなく、営業時間にも驚いた

営業時間 15:00~26:00

 

そう深夜の二時まで営業している

 

愛知県で深夜2時までやっているスーパーじゃない銭湯はここくらいではないか

 

営業時間ではなくお風呂も変わっていた。

街の銭湯では珍しく寝風呂があったり

全部が木でできたお風呂があったり・・・・

 

またここは井戸水を薪で焚いてお湯にしているらしく、重油を使ったボイラーで沸かしている銭湯が多い中

廃材等を募集したりしてなんとか材料費をローコストに抑え

昔ながらのやり方にこだわっているみたい

 

八幡湯ツイッターから引用

 

素晴らしい!ぜひ廃材等あったらもっていきましょう

 

 

帰りに店主の方にまたお話しでき、なんでこんなに遅くまでやっているのか聞くと

 

「ここらへんは飲食店をやっている人が多いから、その人たちがお店が終わった遅い時間にも大きなお風呂に入ってほしいから」

 

とのこと

 

f:id:san065:20180914000321p:image

 

他に

体きつくないですか?と聞くと

 

「そうなんだよ。年を重ねてつらくなったから前は深夜3時までやってたけど深夜2時に変更したんだ」

 

とのこと

 

 f:id:san065:20180914000232j:image

 

 

少し変わっているが昔ながらのとってもいい銭湯

 

いつもふざけた記事しかかいてないけど

 

こんなの書いてあの気さくなおじいちゃんの銭湯にほんの少しでも貢献できたらなーって‥‥‥

 

 

「八幡湯」

名古屋市昭和区御器所4-16ー12

 

おわり

 

 

 

フレンズ

うちの猫は去勢してから甘えるようになった

 

f:id:san065:20180912231407j:image

 

その体たらくプリにはビックリさせられる

あのケロベロスと恐れられていた猛獣の姿は今はない

 

f:id:san065:20180912231456j:image

 

しかし同居人のりなには、まだ手厳しい

 

いつも餌をあげるのはこの同居人の役目なのだが

「どっちが餌かわかってる?」

 

と思うほど噛まれている

 

それは飼い主だからと主張してきた

 

 

f:id:san065:20180912231612j:image

 

いや俺だって飼い主じゃん!!

というと

いやあんたは友達であって飼い主ではないとのこと

 

f:id:san065:20180912231841j:image

 

いや友達でもいいんだけどね‥‥‥

 

なんかね‥‥‥

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

ねこの寝相を見て一番つらい水曜日を優しい心で迎えようの会

火曜日が終わった

 

明日は水曜l日

週の中心だ

 

一番つらい

 

自分の中の週の勤労イメージは

 

月曜          

休日明けで体力がまだ残っている

 

火曜 

まだ休日で蓄えたエネルギーの勢いで頑張れる

 

水曜 

力尽きる

 

木曜 

明日は金曜日なので頑張れる

 

金曜 

明日休みだからいくらでも働ける

 

という感じなので火曜日終わりの水曜日が憂鬱でたまらない。

 

しかしそれでは水曜日に失礼ではないのか?

 

そう思ったので、

 

猫の寝相を見て

まるでホームステイ1日目の家族のように優しい気持ちで出迎えようと思う。

 

 

f:id:san065:20180911234009j:image

生きてる?

 

 

f:id:san065:20180911234014j:image

パソコンを目の前に倒れたニート

 

f:id:san065:20180911234033j:image

 

 

 

あー水曜日!!!きやがったっ!!!帰れ!!!!!

 

おわり

ねこ4コマ【臨時ボーナス】

 

「ナス何か月分?」

 

唐突にそう聞いてきた彼は

潤滑油でも塗っているのか?

と思うほどワックスで頭髪を整えている男だった。

 

かつて大学時代の旧友だった潤滑油くんは

その名の通りピストン運動をすることを生きがいとし、街を歩けばナンパする軽い男だった。

 

「ナス何か月分っていうのはどういうこと?なんか野菜でも当たったのか?」

そう僕が怪訝そうに聞くと、彼はもう一度こう呟いた。

 

「だから。」

 

「ナスだよ。」と

 

僕は意味が分からなった。

 

いや、質問の意味は分かる。

紫のナス科ナス属の野菜を何か月分所持しているのか?

つまりそういうことだ。

 

意味が分かるが、そんなことを聞く意味が分からなかったのだ。

僕たちが通っていた大学では、多くのことを学んだ。

しかし、頭のおかしい人間の質問の意味を汲み取れる授業は履修できなかったのだ。

 

 

それから時が立ち、僕らは紫色の野菜のようにひき肉と炒められたり、豚バラに巻かれたりして、社会人にも慣れていった。

 

あのときより少し、髪の毛が薄くなった旧友に再会したとき

例の質問の意味を問うと彼はあのときより少し笑ってこう答えた。

 

「ナスっていうのはボーナスの略だよ」

 

そんな4コマ

 

 f:id:san065:20180910230432j:image

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでもロボットに頼ろうとしてるやつに物申す

テスラの自動運転、Googleスマートスピーカー、IROBTのロボット掃除機etc・・・

便利な商品がどんどん世の中に出回ってきた。

 

もう全てが人の手で行われている事柄の方が少ない。

 

こんなんで本当にいいのか人類。

 

全てがロボットに奪われる世界はすぐそこだぞ人類。

 

 

なさけない・・・・

 

 

 

 

というわけで買いました。

f:id:san065:20180909223441j:image

 

 

掃除ロボット

 

もうずっとほしかった。

喉からアイアンマンがでるくらいほしかった。

 

なんかすげーじゃんロボットがそうじするって。

 

早速使ってみた。

 

 

 

もうね。

掃除ロボット

一番のゴミはお前だろ・・・・といいたい。

 

一番でかいのとりきれてないぞと。

 

 

 

 

でもうちの猫をゴミと認識してタックルしてるのが、面白かったからまだ置いとこうと思う。

 

 

 

 

おわり